2013年10月19日土曜日

野球用具大図鑑

ベースボール・マガジン社から野球道具好きにはたまらない本が発売されました!
相変わらず週末は草野球の試合が立て込んでいてブログの更新はサボっていますが、久々にプロ野球選手が
実際試合で使用していた野球用具の本が発売されましたので発売記念にプチ更新です!
・野球用具大図鑑 Part1―バット編・野球用具大図鑑 Part2―グラブ編 出版社: ベースボール・マガジン社
・GLOVE :USA Rawlings PRO12TC made in USA GLOVE COLLECTION未公開グラブ

バットは376本のバット を紹介。長さや重さが記入されていて内容が良かったです!
特に憧れの高橋慶彦のバットは、とても興味深く読ませてもらいました。
今シーズンオフに予定していますオリジナルバットを作る時の参考にしたいと思っています。
グラブ編の記事の内容は前回同社で2009年7月に発刊された「グラブに想いを。」程の衝撃度はありませんでしたが
360個のグラブを紹介していますので、それ相応に楽しめます。
最近はキャッチャーのポジションに就く事が多くなったのでグラブよりもキャッチャーミットばかり見ていました(笑)
Part1バット編、Part2グラブ編どちらも、とても見応えのある本なのですが、残念なのがNPBプレイヤーと
日本人MLBプレイヤーでしたので、次回は是非ともMLBプレイヤーのみの野球用具大図鑑を特集して欲しいですね!

2013年9月24日火曜日

30年モノ ミズノワールドウィン レストア中

最近は仕事と草野球の活動疲れで、またもやメインブログのbellerophon's room GO AHEAD ! の更新をサボっています(汗)
そんな中でも試合用グラブは勿論ですがコレクション用のグラブはメンテナンスはサボらず日課のようにこなしています(笑)
2013年9月23日現在、グラブの所有数は180個になりましたが、所有しているグラブの中にはコツコツと
カスタムやレストアをしているグラブもあります。
今回は、現在レストア中の30年モノのヴィンテージグラブのワンショット写真をご紹介。

このグラブは1970年代初めごろに一時代を席巻したミズノのワールドウィンです。
今から約35年前のグラブになります。
赤カップは硬式、青カップは軟式、緑カップはソフトボールで、当時はワールドウィンが流行りましたねぇ。
このグラブを復元をさせたくてレース交換、アタッチメントグリス交換、クリーニングは自分でメンテナンスをして、
残すところはバリバリにヒビ割れてしまったエナメルのカップ部分の補修でした。
この部分だけは自分では、どうにも補修が出来ないので、以前bellerophonオリジナルグラブオリジナルラベル
お世話になったsacom worksさんでカップのラベルの作成を依頼。
カップは当時のエナメルではなく、敢えて加水分解の心配のないエンブクロス生地で作成。
今年の2月から打ち合わせをして、何度何度も試作品を作っていただいて、9月23日に納得の出来る赤カップ、
青カップの復元レプリカが届きました!
今回は相当に細かく注文をしましたのでsacom worksさんには、大変ご迷惑をお掛けしました(汗)
良いモノが出来あがったので、もの凄く満足ですし、感謝しています! ありがとうございました!
以前にも30年モノの USA Rawlings PRO12TC made in USA特別な日の試合で使いましたが、
このワールドウィンも同様にベストコンディション状態に復元をさせて、いつか試合で使おうと思っています!
実はこの他、着々とレストア中のグラブが複数あります。そのグラブも、またいつかご紹介出来ればと思っています。
乞うご期待を!?


今回ワールドウィンの赤カップ、青カップのラベルの作成でお世話になったsacom worksさんのホームページです。
少数少量でも低価格・安心価格のワッペン製作”sacom works”
また色々とお世話になりますので宜しくお願いします。

2013年9月5日木曜日

Switch Picher Project 両投げグラブ

自分は右投げ両打ちのプレイヤー。自分の夢は漫画みたいですが 両投げ両打ちのプレイヤーです。
2年前に右肘を故障し、投げる度に痛みがはしりサウスポー転向も本気で考えて ミズノの両投げグラブをオーダー。
2011年4月26日に出来あがったグラブ。
bellerophon's room Go Ahead!では、ごくたまに登場しましたがブログ未公開のままのグラブです。
■MIZUNO VICTORY STAGE ORDER 両投げグラブ パット・ベンディットモデル GLOVE COLLECTION未公開グラブ

この写真は購入当時の新品状態の写真です。今や使いこんで捕球面の刻印が見えなくなりました。
左右はめるグラブですので独得の捕球感覚です。型付けには相当苦労しましたが今では左右どちらでも
違和感なく捕球出来るようになりました。
このミズノの両投げグラブは、いつかご紹介出来ればと思っています。
余談ですが実は左投げ用のグラブは投手、捕手、一塁、内野、外野と既に全コンプリートしています!
左投げの練習は試合前のキャッチボールでしていたのですが、最近は捕手を任せられる事が多くなり
ブルペンでの投球練習でキャッチングをしていますので、左投げの練習の時間が取れなくなり両投げプロジェクトの
進行が捗っていません。。。
そこで思い切ったアイデアを実行しようかと思っています。現在草野球チームに四チーム在籍しています。
その中のエンジョイチームでは右投げを封印して左投げ両打ちで参加しようとか企んでます!?
いつか両投げ両打ちのプレイヤーになる!これからも夢や希望をもってプレーし続けたいです!

2013年8月2日金曜日

bellerophon model Three brothers

グラブの聖地、上但馬にあるアサダスポーツさんで作成してもらったオリジナルオーダーグラブ第二弾が6月末に完成!
親指にはメインブログのタイトルbellerophon's room Go Ahead!の「Go Ahead」を刺繍を
ラベルはオリジナルラベルを装うオンリーワン仕様のグラブ。
■手前 bellerophon model MarkⅠ自己流型付け 実戦投入済み  GLOVE COLLECTION未公開グラブ
■奥  bellerophon model MarkⅡ MarkⅢ。 MarkⅡ MarkⅢはストック状態のまま。GLOVE COLLECTION未公開グラブ

オーダーですので多色も可能ですがメジャーリーグの雰囲気を醸し出す為に、今回も前回同様、敢えて
キャメル単色を選択。
細かい注文が多くて、何かとご迷惑をお掛けしましたが、自分が望んでいたグラブに近いところまで実現化して
もらえた事に感謝し、大切に使用したいと思います。

2013年6月19日水曜日

Rawlings Gold Glove Label customized project Ⅱ

読者の皆様もご存じのように、自分は人が聞いたら呆れるぐらいのグラブを所有しています。
最近でこそ久保田スラッガーのグラブの所有数が一番多くなりましたが、それまではUSAローリンス党で、
圧倒的にUSAローリングスのグラブを多く所有していました。
(現在USAローリングスは36個所有 2013.6.18現在 *アシックスローリングスは除く 過去の所有数はコチラ

何故USAローリンスが好きなのかと言うとメジャーリーグが好きな事が一番の理由でしょうか。
豪快なバッティングもさることながら、守備においても日本人では、とても真似の出来ないような規格外のプレーで魅了します。
その守備のスペシャリスト達に贈られる賞がGold Glove賞。 
過去にもbellerophon's room Go AheadでGold Glove賞の特集をした事がありますが、USAローリングスの
グラブを使用するプレイヤーでGold Glove賞を受賞したプレイヤーの証としてGold Glove受賞者のみが
付ける事が許されている特別なゴールドのラベル。これはUSAローリングファンには堪らないグラブです。
以前、オマー・ビスケルモデルをゴールドグラブモデルにカスタマイズをした事がありますが今回は第二弾として、
とあるUSAローリングスのグラブ を○○ゴールドグラブモデル仕様にカスタマイズしようと計画!

先ずはパーツ取り用のゴールドグラブのラベルが付いたグラブの購入からプロジェクトを始動。
廉価版 ゴールドグラブ仕様のグラブは発売後かなりの年数が経過をしましたので日本国内では、あまり
流通しておらず、今回は、わざわざ、アメリカのサイトから個人輸入で発注。
しかし、困った事に手元に届いた品物は違うグラブが届き、交換手続きやらなんやらで、プロジェクトは
難航するも、ようやくパーツ取り用廉価版 ゴールドグラブグラブが、昨夜手元に届き、入手する事に成功!

早速、グラブからラベルを解きました!
■写真はゴールドグラブプロジェクトⅠのオマー・ビスケルゴールドグラブモデル(ベースモデル アシックスローリングス オマー・ビスケルモデルOV4)

オーダーにもなく、市販化もされていない、世界に一つだけの ○○仕様ゴールドグラブモデル、いよいよプロジェクト実行です!


 【お知らせ】
スパムメールを防ぐ為にコメントは単語入力をしていただくようになりました。
ご面倒やお手数をお掛けしますが、ご協力の程、宜しくお願い致します

2013年5月22日水曜日

QUIZ 001 そっくりさん

メインブログのbellerophon's room Go Ahead!「GLOVE COLLECTION」のコーナーで今まで29個の
グラブを詳細に、ご紹介していますが、現在所有しているグラブが1●4個あり(2013.5.22現在)
Go Aheadの更新もさぼり気味ですし、このペースですと到底全てのグラブは、ご紹介出来そうにもありませんので、
お気軽ブログのこのANNEXで気が向いた時に少しずつチラ見せをしています。
そこで突然ですが今回は、ちょっとを趣向を変えてクイズ形式でチラ見せ!
二つのグラブのアゴ部分を撮影しました。非常によく似ています。
どちらも同じ箇所に「JAPAN」の刻印があり、一見同じメーカーのグラブのように思いますが

実は、それぞれ違うメーカーです。

この写真で右と左のグラブが、それぞれどのメーカーのグラブか分かる人は、かなりのグラブ通かも!



2013年5月13日月曜日

国民栄誉賞 G3 & G55

遅ればせながら 祝!長嶋茂雄、松井秀喜 国民栄誉賞受賞!
長嶋さんは球団の垣根を越え多くの野球ファンから愛されている唯一無二の絶対的な存在。
松井は2009年のワールドシリーズでの活躍が素晴らしかったですね!特にペドロとの対決には痺れました!
なんで今になって長嶋さんと松井秀喜に国民栄誉賞をと不思議なタイミングでの受賞は何だか
政治的に利用されているような気がしないわけでもありませんが、確かに二人の活躍は疑うまでもなく素晴らしい
功績でしたので邪推をせずに心から二人の偉業を讃えたいと思います。
しかし長嶋さんの受賞は遅すぎましたね。
アテオリンピックで優勝をしていたら間違いなく受賞していたのではないかと思います。

■手前:Rawlings XPG3 硬式 アシックスローリングス 長嶋茂雄復刻モデル
■奥  :ミズノプロ オーダー 硬式 松井秀喜モデル GLOVE COLLECTION未公開グラブ

今回注目されたのは異例とも言える師弟関係でのダブル受賞。
松井の引退会見の時に一番の想い出はと聞かれ「長嶋監督との素振り」 と丁寧に語っていたのが凄く
印象に残りました。
てっきり2009年のワールドシリーズ制覇MVP受賞と思っていただけに 、この言葉にはグッときましたねー。
自分に振りかえってみると人生の起点には何かしら、お世話になった方々がいました。
今回、長嶋茂雄氏、松井秀喜氏の師弟関係による国民栄誉賞受賞が、きっかけで、これまで自分が
お世話になった方々との記憶が蘇りました。
そして、とても御恩になった方で自分の心の支えだった方の命日が9年前の5月16日だったことを思い出しました。
今週末は遠出をしてお墓参りに行ってこようかな。



【お知らせ】
スパムメールを防ぐ為にコメントは単語入力をしていただくようになりました。
お手数をお掛けしますがご協力の程、宜しくお願い致します。

2013年3月15日金曜日

2013井端弘和モデル

2013 WORLD BASEBALL CLASSIC、日本は2次ラウンド1組で1位通過で決勝ラウンドへ! 
中でも、今回、素晴らしい活躍をしているのは井端弘和選手です!
守備では本来のショート以外のファースト、セカンドのポジションもこなすユーティリティプレイヤーとして活躍し
打撃では台湾戦の9回二死から放った起死回生の同点打など、打率・571の活躍をみせ2次ラウンドのMVPは
井端弘和内野手が受賞しました!
このまま準決勝、決勝と勝ち続けて是非ともWBC三連覇 を成し遂げて欲しいですね!
■ミズノ グローバルエリート 2013井端弘和モデル 硬式オーダー GLOVE COLLECTION未公開グラブ

本来は公開する予定が全くなかったグラブですが 井端選手のあまりにも素晴らしい活躍で急遽チョイ出し公開です!(笑)
井端選手と同じミズノプロ硬式でオーダーをしようと思っていたのですが昨年同じサイズ9、同じディープ3のウェブの
ミズノプロ硬式 坂本(宮本)モデルをオーダーしましたので今回は敢えてグローバルエリートの硬式を選択。
硬式グラブとは思えないほど軽いグラブです!
グラブの後ろに写っている本は2009年7月にベースボールマガジン社から発行された「グラブに想いを。」の井端選手の記事。
井端選手のグラブの型は自分が試合で使用しているグラブの型と違いますが、たまには井端選手のような型も試して
みようかな。



2013年3月7日木曜日

2013 NEW WEAPON ROMANE CROWE & ASICS SPEED TECH QT

2013 NEW WEAPON ROMANE CROWE & ASICS SPEED TECH QT

本館でもあるbellerophon's room Go Ahaed!でもご紹介しましたが今年も、いよいよ 草野球シーズンが始まりました!
2013シーズンに実戦投入予定のベースボールギアの一部をご紹介します!
ROMANE CROWE ORDER GLOVE ロマネクロウ 軟式オーダーグラブ GLOVE COLLECTION未公開グラブ

岡山のタカギスポーツのオリジナルグラブ。全国的には無名ですが岡山では多くの球児達が使用しています。
昨年の11月にオーダーをして2月末に出来上がりました!
メインチームのチームカラーに合わせてオーダー。イメージ通り、いい感じに仕上がりました!
ラベルはカタログ外モデルを採用。軟式グラブなのですが半芯通しの革を使用しています。
サイズはロマネクロウの中では最もコンパクトで500gを切っているモデル。
ロマネクロウのグラブは過去記事でもご紹介しましたが製造を下請けに任すのではなくタカギスポーツさんの
店舗に併設をした工房で作成しています。
ちなみに軟式オーダーグラブは店舗のみの受付限定販売になります。

■ASICS SPEED TECH QT アシックス スピードテックQT

アシックスのフラッグシップモデルのスパイク。軽さの極限を追求したイチロー型スパイク。
メインのスパイクは永田スポーツのNSスパイクを使用していますが革底ですので雨天時では使くいづらく
悪コンディションで勝負の掛かった試合では樹脂底の軽量モデルのスピードテックを使用しようと思っています。
これで盗塁王は狙えるかも!?

この他、ニューウエポンが続々と実戦投入を控えています!
詳細はいつかbellerophon's room Go Ahaed!するかも!?





2013年2月8日金曜日

Rawlings 冬の風物詩 品質を物語る証明

いくらか寒さもゆるみ、プロ野球のキャンプが始まり、いよいよ今週末には2013年の草野球シーズンが開幕します。
来るべく2013年シーズンに向けて試合用のグラブをベストコンディションに保つ為にグラブメンテナンスを
行っていますが、試合には使っていない数多くのグラブ達も革製品の大敵のカビを生やさないように
常にベストコンディションを保つ為に換気やブラッシング等のグラブメンテナンスは冬の間も年間を通して
欠かす事は出来ません。
その中でも冬になるとあるメーカーのグラブには毎年必ず起こる現象があります。
そのグラブとはRawlings社のグラブ。
■USA Rawlings H.O.H.PRO DJ2 デレク・ジーターモデル

グラブに霜が降りたかのような白い粉が付着しています。
随分昔に初めて、この白い粉を見た時は「やばい!グラブにカビが生えた!」と思いました。
で、この白い粉の正体ですが、RawlingsのH.O.H.特有に起こる現象で革の油成分が固まったものでカビではありません。
Rawlings社のサイトでも以下のように紹介されています。

メジャーリーガーを支え続ける高品質。ローリングス社のグラブがMLBで高い使用率を誇るのには理由があります!
厳しい品質検査をクリアした米国産若牛の皮を独自のなめし加工をはじめ何段階もの工程を経て生まれたのが
硬式H.O.H.シリーズ。表面に白い粉がふくこともありますが、それは直輸入H.O.H.皮革ならではのもの。
いわば品質を物語る証明ともいえます。ローリングスクラフトマンシップの結晶です。

とRawlings社で紹介されています。
この白い粉は軽くブラッシングをすれば簡単に取り除く事が出来ますのでご安心を。
RawlingsのH.O.H.特有と書きましたが、ごく稀に他メーカーのグラブにも起こります。
そんなグラブを見つけた時は物欲が抑えきれませんねー(笑)
今でこそ所有グラブの数は久保田スラッガーが一番多くなりましたが、以前はRawlingsのグラブが一番多く
所有していました。(2013.2.7現在44個 アシックスローリングス含む)
Rawlingsのグラブを手に取り四季を感じながらメンテナンスをする事は自分にとっては至福の時間です。
残り少ない現役ですのでRawlingsのグラブをメンテナンスをして満足するのではなく、今年はいくつかの
Rawlingsのグラブも試合で使おうと思っています!
2013年の開幕が楽しみ!

2013年1月23日水曜日

ミズノプロ 坂本勇人モデル


2013年01月15日
ミズノは、プロ野球の坂本勇人選手(読売ジャイアンツ)とミズノブランドアンバサダー契約を締結しました。
契約期間は2013年1月1日から12月31日までで、契約アイテムはグラブです。
この契約により、「坂本勇人モデルグラブ」(一般軟式用、少年軟式用)を5月から、全国のミズノ品取扱店で販売します。

【契約内容】
主な契約内容は下記のとおりです。
・ミズノ製品の使用(グラブ)
・ミズノ野球品開発への意見・アドバイス
・選手モデルの販売
・宣伝活動(雑誌・広告・店頭POP・WEB等)における肖像使用

この内容の詳細記事はミズノのホームページでご覧下さい。

■左:ミズノプロ 硬式 オーダー坂本(宮本)モデル GLOVE COLLECTION未公開グラブ
■右:ミズノプロ 軟式 2012オールスター 坂本勇人使用モデル GLOVE COLLECTION未公開グラブ

手前のグラブは2012オールスター戦で坂本選手のみが使用したグラブの限定ミズノプロレプリカモデル。
この2012オールスターモデルがミズノが坂本モデルとして発売をした初のグラブになるのではないでしょうか。
実は、このグラブ達は過去記事でチラ見せをしたグラブです。

今回、発表されたミズノの資料によると坂本勇人モデルのグラブの特徴は深めのポケットと手首入口の紐の巻き方の
工夫により多様な打球に対応との事 。
2014年モデルからはミズノプロオーダーで、いよいよ坂本勇人モデルが選べるかも!

坂本選手のグラブはbellerophon's room Go Ahead!の「坂本勇人 2010年5月~2011年2月までの使用グラブ」でもご紹介しました。

2013年1月15日火曜日

Baseball glove from Okayama.

岡山産グラブ 

岡山に赴任をして、はや○年。今や岡山弁もマスターして、しっかり岡山に馴染んできました。
その岡山の観光名所と言えば岡山市の後楽園や倉敷市の美観地区が有名です。
また 岡山産との名物はと言うと桃やマスカット 、ジーンズ等が有名ですが、実は野球のグラブも中々の
秀逸な岡山産のグラブがあるです。

右 : 岡山県備前市 Ip select       アイピーセレクト オーダーグラブ 硬式 二塁遊撃手用 GLOVE COLLECTION未公開グラブ
左 : 岡山県岡山市 Romane Crowe   ロマネクロウ   オーダーグラブ 硬式 二塁遊撃手用 GLOVE COLLECTION未公開グラブ

転勤族の自分が、せっかく縁があって現在、岡山にいますので 岡山に在籍の間には是非とも岡山産の
ご当地グラブを入手しなければと思い昨年の2012年11月にロマネクロウの硬式グラブを入手しました!
これで岡山産のアイピーセレクトとロマネクロウの最上位モデルのグラブが揃いました!
どちらも当然の国産グラブ!
アイピーセレクトのグラブはbellerophon's room Go Ahead!でも何度かチラ見せをして、このANNEXでも
ご紹介していますがロマネクロウのグラブは今回が初チラ見せ(笑)
ロマネクロウは全国的には知名度は低いかもしれませんので、簡単にご説明しますと岡山市にあるタカギスポーツさん
店舗と併設をしている自らの工房でグラブを作成しているオリジナルブランドのグラブで、岡山の強豪校の
関西高校や多くの岡山の高校球児達が使用しており岡山では知る人ぞ知るグラブなのです。
あまり多くを語ると文章が長くなりbellerophon's room ANNEXのコンセンプトのルール5の59秒以内に
読み終える記事作りに抵触しそうなのでこの辺で。。。
お知らせまでにご報告しますと、実は、このグラブとは別にメインチームのチームカラーでオーダーをした
ロマネクロウの軟式用グラブが3月には出来上がります!
今回、お見せしました岡山産のグラブ達の詳細は、いつかbellerophon's room Go Ahead!でするかも???