2012年11月20日火曜日

直ったぞ!

親指掛け紐修理完了!

過去記事の 「困ったなぁ」に書きましたグラブの修理が完了しました!
親指掛け紐が千切れて困ってしまい、このグラブを作ってくれた製造元に電話をして修理のお願いをしたところ
社長さんから「送ってくれれば直します!」との事で11月13日に製造元に送り、ナント!11月19日には
修理が完了し、自宅に届きました!
僅か7日間!運送日数を除くと実質5日 !超速い!ありがとうございました!
SPORTS TOPMAN Order GLOVE COLLECTION未公開グラブ
親指のフィット感を増す為にウェブよりで結んでいた土手芯紐自己流で親指寄りにカスタマイズ

このグラブはトップマンのオーダーグラブです。
トップマンはグラブ好きの方は、よくご存じのグラブの聖地、made in 但馬のグラブ。
社長さんは少しお耳が遠くなったみたいですがグラブを作り続けて60年以上のグラブ職人さんです。
トップマンのグラブは革の裁断、ミシン掛け、紐通し、仕上げと全ての工程を自社で作られて直接販売を
していますので低価格でオーダーが出来るのは魅力です。 
大手のように売り逃げではなく、今回のケースのように後々の面倒も見てくれるのはユーザーにとって、
とてもありがたいですよね。
これからも、お元気でグラブを作り続けていただきたいです!

2012年11月15日木曜日

アイピーセレクト Ip select FUJIMOTO SPORTS ORIGINAL MODEL

当ブログはbellerophon's room Go Ahead!の別館としてTwitter以上Go Ahead!未満のお気軽ブログとして
作成していますので、住み分けをするために、あるルールを設けて作成しています。
そのルールの中にルール3があります。

・ルールその3 「写真はシンプルに1枚のみの使用」
 とあります が、今回、このルール3に下記の内容のルールその3-1を追記します。

 ルールその3-1
当ブログは、いつもコメントを下さる読者の方がいらっしゃることが励みになり当ブログの更新が行われています。
その更新の活力である常連読者の方のリクエストの場合に限りこのルール3の適用をうけない。

よって今回は常連読者のテックさんのリクエストによりルール3-1を適用し複数の写真を掲載するものとする。
しかしながらルール5にあるように文章は短めに59秒以内に読み終えれる記事作りを目指すことは変わらないものとする。

*常連読者は当ブログ管理人独自の基準で判断します。リクエストには必ず応えるとは限りません。

Ip select FUJIMOTO SPORTS ORIGINAL MODEL

前回の記事のTUJITOJI-MODELでもご紹介しましたがアイピーセレクトから僕の購買意欲をそそるドンズバな
モデルがリリースされていました。
Ip select アイピーセレクト
・硬式 キップ革 内野手用
iPhoneのカメラで撮影したのでピンボケだらけの写真です。
  
▼艶々でモチモチの革質です。
 ▼トリプルワイドヒンジ採用 通称辻とじですね
 ▼Uカット採用、折り返しが半分。人差し指でグラブ捌きがコントロールしやすくなります。
 ウエブのレース通しも独得ですね。

▼親指三本掛け採用 親指がしっかりホールドされるのでこの機能は必須です。
 ラベルがこの位置に付くのが斬新です。 ステッチは敢えてのホワイト!
 ▼アンティークバック採用 メジャーリーガー御用達のWilsonのキャッチャーミット等に採用しています。
ルール5もあり自分が所有しているグラブでもないので今回はグラブの説明は超短めにしました(笑)
このグラブをベースに自分の要望が可能であればオーダーをしてみたいなぁなんて思っています。
このグラブのお問い合わせはコチラにお問い合わせ下さい。

追記 2012年12月3日
ご紹介しましたIp select FUJIMOTO SPORTS ORIGINAL MODELのグラブは
「藤本運動具店 ヒデキ店長 ○○記念大感謝セール!!」
ヒデキ店長の○○のお祝いとして購入させていただき晴れてマイグラブとなりました!
型付けが出来あがるのが楽しみです!
 

2012年11月12日月曜日

困ったなぁ

そろそろ使ってみようかなと思っていた未使用グラブのメンテを終えて、最後に親指かけ紐の調整をして締めていたら
ブチっと千切れた。
う~ん、これは困ったなぁ。

2012年11月2日金曜日

TUJITOJI-MODEL

藤本運動具店さんからトロイ・トロウイツキーモデルのグラブの型付けが完了したと報告を受けグラブを
引きとりに伺った際に触れさせてもらいました。
うーん、革質も良くて程良い大きさ。実に購買意欲をそそるグラブですねー。
いま、物欲と闘っています。